スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シー・シェパード活動家を起訴=艦船侵入、傷害罪でも−東京地検(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨妨害事件で、東京地検は2日、傷害や威力業務妨害、艦船侵入などの罪で、SSの小型高速船元船長ピーター・ベスーン容疑者(44)を起訴した。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
日本などの捕鯨容認で妥協模索=捕獲数の大幅削減が前提-NZ
乗組員傷害容疑などで追送検=捕鯨妨害のSS活動家

70代独居女性、7病院に受け入れ拒否され死亡(読売新聞)
<若林議員辞職>「なぜ押したのか」 首ひねる閣僚たち(毎日新聞)
森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)
三原じゅん子、8日に“自民党デビュー”(スポーツ報知)
子ども手当、厚労省HPに「一問一答」(読売新聞)

普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】岡田克也外相は28日午前(日本時間同日深夜)にワシントン入りし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「ゼロベースで検討中だ」と述べた。市内のホテルで記者団に語った。

 岡田外相は26日、ルース駐日米大使にキャンプ・シュワブ陸上部に600メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を建設し、訓練機能を鹿児島県徳之島などへ移転する案を検討中だと伝えている。

 このため、岡田外相の発言は、米側の合意が得られなかった場合、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案を含め、新たな案を提示する可能性を示唆したとも受け止められる。岡田外相はこの点について「仮定の議論はしたくない」と述べるにとどめた。

 また、鳩山由紀夫首相が3月中に政府案をまとめると発言していることについては、「閣僚間で確認しているわけではないので、よく分からない。首相が(政府案を)表に出さないとか言っていることもよく分からない」と語った。

 岡田外相としては、移設先をめぐる政府案の提示は3月中にこだわらず、米側と協議を続けていく中で鳩山首相が明言した5月までの決着を目指す考えを示したものだ。5月までに決着しない可能性については「(合意)できないとは考えていない」と述べた。

 現在の日米関係に関しては、「一言でいうのは難しいが、悪いという認識はない。普天間移設問題が(日米関係の

)すべてを決めるわけではない。日米同盟はそれほど薄っぺらくない」と語った。

【関連記事】
首相のメンツ立てる奇策 普天間「2段階移設案」提示
閣内不一致どころか、もはや“閣分裂”の域に
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」
普天間問題 名護市長「分散移転も受け入れぬ」
普天間問題 日米実務者協議開始で合意
あれから、15年 地下鉄サリン事件

歯医者でガス爆発!院長は直前まで診察(スポーツ報知)
<郵政改革>亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
警察庁長官「再発防止策の徹底をはかる」 足利検証(産経新聞)
長妻厚労相、審議会に陳謝=派遣法案修正で抗議受け(時事通信)
セクハラ相談員がセクハラ!酔ってキス強要(スポーツ報知)

<無料低額宿泊所>無届け施設も規制 議員立法へ骨子案(毎日新聞)

 不明朗な経理や金銭管理トラブルが問題になっている「無料低額宿泊所」を巡り、民主党の議員らが規制強化のための議員立法に向け、「無料低額宿泊事業の適正化に関する特別措置法」の骨子案をまとめた。貧困ビジネスに幅広く法の網をかぶせるため、現行法では自治体のチェックが及ばない無届け施設や類似事業も規制対象とした。4月1日に議員連盟を設立して条文化を進め、今国会中の成立を目指す。【無料低額宿泊所取材班】

 無料低額宿泊所を巡っては、複数の大手事業者が無届け施設を開設している。関西では困窮者をアパートに住まわせ、宿泊所と同じように生活保護費の8割程度を徴収する「囲い屋」の存在が問題化しており、規制を強化しても無届け施設や類似事業が対象外になれば「骨抜き」になるとの指摘が出てきた。

 骨子案によると、生活保護受給者らに住居を提供し、同時に食事を出したりする事業を「抱き合わせ取引事業」と規定。無届けを含めた宿泊所や類似事業を規制対象とする。

 事業者には利用者と書面で契約を結ぶことを義務づけるほか、食事は希望制とし、金銭管理は原則禁止する。事業計画書や収支計算書の公開も義務化して透明性を確保する。

 無届けを含め悪質な事業者は、業務停止命令のような行政処分の対象とし、従わない場合は罰金などの罰則を科す。優良施設に対する国などの支援に関する条文も盛り込む。

 この問題では、厚生労働省が法規制を検討していたが、日程上、今国会中に法案を提出することが困難になったため、中根康浩衆院議員らが厚労省や衆院法制局と協議して骨子案をまとめた。1日に「貧困問題と貧困ビジネスを考える民主党議員の会」(仮称)を設立して立法作業を進める。中根議員は「与野党にも協力を呼び掛け、超党派で提案して全会一致で成立させたい」としている。

■無料低額宿泊事業の適正化に関する特別措置法の骨子案

▽抱き合わせ取引の規制

 ・書面による契約の原則

 ・利用者の希望に応じたサービス提供

 ・金銭管理の原則禁止

▽適正な運営の確保

▽国、自治体の支援

▽悪質事業者に対する罰則を設ける

 【ことば】無料低額宿泊所

 社会福祉法で「第2種社会福祉事業」と位置付けられる生活困窮者向けの宿泊施設。都道府県か政令市・中核市に届け出れば、個人や任意団体でも開設可能。09年6月末時点で全国439施設に1万4089人が入所しており、生活保護受給者が約9割を占める。毎月約12万円の保護費から家賃や食費の名目で9万円程度を徴収する事業者が多い。

【関連ニュース】
【ことば】貧困ビジネス
<大阪市>「貧困ビジネス」施設宿泊者、生活保護支給せず 被害防止へ
<無料低額宿泊所>入所者増に市原市悲鳴、保護費に業者続々
<無料低額宿泊所>FIS脱税 被告に有罪−−地裁判決 /愛知
<無料低額宿泊所>FIS脱税 検察側、元幹部に懲役10月を求刑−−名地裁

自民中堅・若手が谷垣総裁に「執行部刷新」を直談判(産経新聞)
普天間移設を協議=岡田外相、米国防長官と会談(時事通信)
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突−山口(時事通信)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
福岡・切断遺体、被害女性に交通事故トラブル(読売新聞)

免許照会で元不倫相手の住所探る=米とみそ送付、巡査部長を処分−鹿児島県警(時事通信)

 免許照会システムを不正に利用して元不倫相手の女性の住所を調べたなどとして、鹿児島県警は24日、警察署の地域課に勤務する巡査部長(59)を同日付で戒告処分にしたと発表した。
 県警監察課によると、巡査部長は2008年10月、数年前まで不倫関係だった女性にプレゼントを贈るため、「捜査のため」とうそを言い、免許照会システムで住所を確認。同年12月23〜24日、女性宅に米とみそを送ったという。同課は処分理由として、女性と不適切な関係にあったことと、不正に免許照会をしたことを挙げている。
 女性が巡査部長が勤務する交番に抗議し発覚。巡査部長は「女性に不愉快な思いをさせたことを反省している」と話しているという。 

振り込め詐欺「キング」に懲役20年判決(読売新聞)
大阪城ホールで阪大の卒業式 (産経新聞)
<総務省>官房総務課長らの人事異動 大臣遅刻で「更迭」か(毎日新聞)
<東九州道工事>橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)
<放火未遂>容疑で62歳母逮捕 「長女絞殺」と通報 大阪(毎日新聞)

首相「閣内不一致と言われないようにする」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(6)】(26日午後)

 −−日本の厳しい財政状況について、金利市場などから懸念の声があるが、昨年の衆院選マニフェストをそのまま実施しようとすれば、さらに状況が悪化する可能性は否定できない。政権公約と財政規律のどちらかを優先する場合、どうするか。マニフェストを見直す場合、どう有権者を納得させるか

 「ありがとうございます。私どもは、昨年の選挙において、民主党としてマニフェストをお示しをしたと。当然、そのマニフェストの実現に向けて、政権を取ったわけですから、全力を傾注しているところでございます。一方でこれもご承知の通り、大変財政は厳しいという状況が変わりませんし、さらに厳しくなってきていることもおわかりの通りでございます」

 「従いまして、私どもとしては、これは当然マニフェストは党が作るものでございますが、党の中にマニフェストの検討委員会をつくらせていただきました。そして、その中でこれから議論を進めてまいりたいと思います。国民のみなさま方にもマニフェスト、これは公約なんだからそのまま実現されるべきだと主張される方と、いや、これはマニフェストもわかるけれども、財政の厳しさも理解している。従って、マニフェストというものに対しては、それなりの修正というものもあってもしかるべきだと。その両論があろうかと思っております。国民のみなさんのご意見というものは大変貴重だと思っておりますが、そういった貴重なご意見というものも踏まえながら、これから検討委員会で検討を進めてまいりたいと思っております」

 「マニフェストはですから、基本的にそれが満たされるように全力を尽くしていきながら、しかしやはり財政の厳しさ、これ以上、例えば赤字国債というものを大きくさらに発行させてしまうという状況は、できる限り控えなければならないという、その、これは特に菅(直人)財務大臣などを中心にその声も大変高まってきております。そのバランスを考えていきながら、できる限りマニフェストの実現に向けて、財政のあり方というものを考えてまいりたいと。今、そのスタートラインに立った、すなわち、マニフェストの検証から新たな参院選に向けてのマニフェストの作成というもののスタートが切られようとしていると。ご理解を願えればと思います」

 −−歴代の首相ができなかった会見のオープン化に敬意を表す。他の省庁では、会見がオープンになっているところとそうでないところがあり、閣内不一致の様相を呈している。鳩山内閣としては今後、各省庁の記者会見をどうするのか。特に検察庁と官房長官の会見が開いていないが

 「閣内不一致の記者会見のあり方ではないかというおたずねでありますが、それぞれの大臣にそれぞれの理由があって基本的にはオープンにしたいけども、必ずしも事の性格上オープンにできないとか、あるいは会見場の狭さ広さということもあるいはあるのかもしれません。ただ、やはり私が、総理大臣が記者会見をオープンにしていくわけでありますから、すべての大臣に対して、私は開きましたよということは申し上げて、閣内不一致といわれないように、むしろこの情報の公開、国民に開かれた内閣の姿を示す必要があろうかと思っておりますので、統一を目指して、今おたずねがありましたので、私の方から申してまいりたいと思っております」

 −−財政再建をどう進めていくのか。年金・社会保障、財政再建の与野党協議をどういうタイミングで働きかけていくのか

 「ありがとうございます。財政が厳しいと。一方で、経済も厳しいと。従って、特に北海道も含めてではありますが、地域経済を活性化させるために財政というものをもっと活用すべきという声もいまだ強く内閣の中にあることもおわかりかと思います。しかし、やはりそうはいっても、社会保障費は、年々1兆円というか、医療費なども大変な勢いで伸びているところでございまして、そのことを考えればやはり財政の規律というものが完全に失われてしまうと、国債に大変大きな暴落というか、変更、変化を与えてしまいかねません。従いまして、私としても、菅財務大臣が、これは、自民党の林芳正議員などが中心となってつくっておられる財政健全化法に類するようなものを政府としてもつくるべきではないかという考え方に、基本的に同調をいたしております」

 「すなわち6月には、私ども中期財政フレームをつくりあげてまいります。財政運営化、財政に対してしっかりとした運営戦略を作り上げていかなければならないとそのようにも思っております。そういう中で、それを法的に担保するというぐらいの覚悟が必要なのではないかと思っております。そのような時には、これはある意味で与野党をこえた協力というものが、あるいは協議というものが必要ではないかとも思っております。ただ、くどいようですが、まずは政府の考え方というものを最初に示す努力をすることが大事だと思っておりまして、そのような政府の努力の中で与野党で協議をしていくことも、将来的にあるいは必要になってくるのではないかと考えております。従いまして、時間的な軸で申し上げれば、6月というものがひとつのメドになりますから、その前後に今申しあげたような行動というものが求められてくる可能性があろうかと思っております」

【関連記事】
首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」
首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」
首相「未熟ゆえに問題点。辛抱強くご指導を」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<貨物機炎上>事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)
国民新、参院比例選でプロレスラー公認(読売新聞)
<10年度予算>成立…過去最大92兆円(毎日新聞)
<トランス社架空増資>黒木容疑者、暴力団に協力し復活(毎日新聞)
【科学】注目される粘菌の高度な「知性」(産経新聞)

遼取材のカート暴走事故、カメラマン書類送検へ(読売新聞)

 高知県芸西村のゴルフ場で昨年11月、石川遼選手らを取材していたTBS(東京)の下請け制作会社のスタッフの乗ったカートが暴走した事故で、県警は19日にも、運転していたカメラマンの男性を自動車運転過失傷害容疑で書類送検する方針を固めた。

 捜査関係者によると、男性は昨年11月29日午前10時15分頃、男子プロゴルフツアー「カシオワールドオープン」が開かれていた「Kochi黒潮カントリークラブ」で、運転していたカートを2番ホールのコース脇の坂道で暴走させ、ギャラリー3人に重軽傷を負わせた疑い。

鶴岡八幡宮 「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
小1生の母親「学校に慣れるか不安」76%(産経新聞)
<首都高速道路>平日昼間の割引3月末で廃止 阪神高速も(毎日新聞)
強風で22人けが、16件の建物被害 神奈川(産経新聞)
【from Editor】85歳の熱い魂(産経新聞)

竹原市長の親族会社が落札=最低価格1円超で−鹿児島・阿久根(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長の親族が経営する会社が、2月に行われた公共工事の入札で、最低制限価格を1円上回る価格で入札していたことが20日、関係者への取材で分かった。
 関係者によると、2月26日に実施された「総合運動公園施設整備工事」の入札で、計9社が参加したが、竹原市長の妹が社長を務める会社が446万477円で落札した。最低制限価格は446万476円(税抜き)だった。
 ある市議は「最低制限価格は市長が決めるもので、疑念を持たれてもおかしくない」と批判した。
 竹原市長が社長を務めたこともあるとされるが、同市長は「取材には応じない」としている。 

岡田外相が20日に大地震被害のハイチを訪問へ(産経新聞)
<トキ襲撃>ケージのすき間にテンの毛(毎日新聞)
ネット違法情報 削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
市橋被告への支援金100万円突破 「適正な裁判受けさせるため」恩師が募集(J-CASTニュース)
伊丹空港廃止、箕面市議会が決議の見通し 地元3市の差際立つ(産経新聞)

配偶者暴力、過去最多=5年前の2倍に−ストーカーも最多更新・警察庁(時事通信)

 2009年に全国の警察が認知した配偶者などからの暴力(DV)は前年比11.7%増の2万8158件で、統計を取り始めた01年以降の最多だったことが18日、警察庁のまとめで分かった。6年連続で増加し、5年前の倍近くとなった。
 接近や電話の禁止といったDV防止法に基づく裁判所の保護命令に違反した事件の摘発は21.1%増の92件で過去最多。殺人や暴行などほかの法令での摘発も0.5%増の1658件となり、統計を始めた03年以降の最多だった。
 警察が近年、被害が深刻化する前の積極的な取り締まりに力を入れている影響で、加害者への指導・警告が7.7%増の5753件、暴行容疑での摘発は9.5%増の552件と大幅に増えた。
 被害者の98%は女性で、全体の79%を20代〜40代が占めた。被害者と加害者の関係は夫婦が72%で、離婚後と内縁関係が13%ずつだった。
 一方、しつこい付きまといや無言電話などストーカー行為の認知件数は1.1%増の1万4823件だった。4年連続の増加で、ストーカー規制法が施行された00年以降の最多となった。 

首相動静(3月13日)(時事通信)
<訃報>森園正彦さん85歳=元ソニー副社長(毎日新聞)
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判−釧路地裁(時事通信)
温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)
大学生の就職内定率、過去最低の80・0%(読売新聞)

阿久根市長、一般質問も欠席…市議会流会に(読売新聞)

 市議会への出席を拒否している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は、18日に始まった市議会一般質問にも出席せず、市議会は流会となった。

 一般質問は18、19日の2日間の予定で、反市長派の計11人が登壇し、市長の政治姿勢や障害者の出生を否定するようなブログ記述の問題などを問う予定だった。

 18日は午前10時の開会前に、執行部が次々と控室に入ったが、定刻を過ぎても竹原市長は現れず、浜之上大成議長が「本日は市長の市政運営などについての一般質問ですが、市長が出席を拒否している」と述べた。この後、議会運営委員会を開き、この日の打ち切りを決めた。

<火災>1人暮らし69歳?死亡 兵庫・宝塚(毎日新聞)
大津波警報、「適切」6割=意識高いが怖さ過小評価−東大(時事通信)
最後のラブレター「遺言信託」 相続の争い解消…自筆は問題も(産経新聞)
学校と自治体の連携強化を―麻しん対策推進会議(医療介護CBニュース)
<自殺報道>総務省、民放5社に内容問うメール送る(毎日新聞)

NEC元部長の過労自殺認定=「過重業務でうつ病」−東京地裁(時事通信)

 NEC(東京都港区)の元部長=当時(52)=が自殺したのは過重な業務で発症したうつ病が原因として、妻(54)が国に労災認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁は11日、遺族補償年金を不支給とした三田労働基準監督署の処分を取り消し、労災と認定した。
 青野洋士裁判長は、元部長は自殺までの約8カ月間、ほぼ月に100時間以上残業していたと指摘。目標が達成できない事業の責任者として、重い心理的負担を受けていた上に、極度の長時間労働をしたことが原因でうつ病になったとして、業務との因果関係を認めた。 

【関連ニュース】
佐川急便元係長の労災認定=過重労働が原因で自殺
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携
県立病院職員、自殺は労災=「ストレスで症状悪化」
スーパー玉出を書類送検=超勤100時間以上、手当払わず
977事業所を公表=石綿で労災認定

死亡補償金は最大3300万円=新型ワクチンの副作用救済−厚労省(時事通信)
拉致パンフから「被害者帰国」項目消える(産経新聞)
福島震度5弱 政府が情報連絡室(産経新聞)
愛子さま、4日続けて登校(時事通信)
<将棋>有吉九段が1000敗 史上2人目(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
アフィリエイト ホームページ
サイドビジネス
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
審査 甘い キャッシング
出会いランキング
クレジットカード現金化
探偵事務所
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    みっくみく (08/30)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    カナ (08/27)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    佐々木 (06/16)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    ふにゃバット (06/04)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    リア充 (05/14)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    志波康之 (01/13)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    桃医 (01/07)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    リョータ (12/26)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • <布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
    ゴンボ (12/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM